工事の管理|今最も求められているお仕事|介護の求人は多いので厳選しよう
婦人

今最も求められているお仕事|介護の求人は多いので厳選しよう

工事の管理

メンズ

資格を持つことが強み

工事には施工管理がつきものです。この施工管理の資格には1級と2級があっていずれも実務経験が、最低でも3年間は必要になってきます。これらの資格がなくても施工管理はできますが、公共工事の検査ではこれらの資格を持った人が施工管理を行わなければならないといった決まりがある工事が、ほとんどになりますので公共工事を行っている会社などでは、積極的にこの資格を持った人の求人を行っています。ほとんどの会社ではすでにこの資格を持っている、即戦力となる人の求人を行っています。実務経験を3年間行ってもらってからという求人は少ないのが現状になっています。一時期行われていた公共工事の削減によって、大幅に人材が不足しているのが現状です。

高待遇で

すでに施工管理の資格を持っていて、さらに実務経験がある人が工事を行っている会社の求人に応募して、採用が決まれば高待遇で迎えられることになります。一般の作業員よりも給料は高く、資格手当ももらえることになります。一時公共工事の削減で工事業界から遠ざかっていた人たちも、昔とった杵柄で求人に応募する人も多くなっています。工事を行う業界では一つの工事を一つの企業で行っていくことは珍しく、多くの企業が協力して一つの工事を行っていくというスタイルで、工事を進めていっています。ですから工事の現場ではいろいろな業者が入り乱れて仕事を行うことになります。工事の施工管理を行う人には、これらの様々な業者の人たちとのパイプ役としての力も期待されています。